BOINCプロジェクト一覧

プロジェクトが稼働しているかどうかを見たい場合は BOINCstats Project status information
online なら稼働中。一覧にないプロジェクトもあります。

GPU利用可能プロジェクト

Albert@Home アドレス:http://albert.phys.uwm.edu/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
Einstein@Homeチームによるテストプロジェクト。WUの配布はほとんど無く、アプリも不安定とのこと。
Asteroids@home アドレス:http://asteroidsathome.net/boinc/
GPU利用可能:NVIDIA
天文学系プロジェクト。小惑星の形や回転に関する研究。
Bitcoin Utopia アドレス:http://www.bitcoinutopia.com/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
寄付系プロジェクト。暗号通貨であるBitcoinを採掘して、他の科学的プロジェクトへ寄付をする。SETI@homeにも寄付済み?
BURP アドレス:http://burp.renderfarming.net/
GPU利用可能:NVIDIA(fermi)
コンピュータ系プロジェクト。公共3Dアニメーションシステムの開発。
Collatz Conjecture アドレス:http://boinc.thesonntags.com/collatz/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
数学系プロジェクト。数学上の未解決問題の一つ「コラッツ予想」について調べる。一見簡単そうに見える問題だが、70年以上経った現在でも誰も証明出来ていない。
Einstein@Home アドレス:http://einstein.phys.uwm.edu/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
物理学(天文物理)系プロジェクト。回転中性子星(パルサー)を探索することで、一般相対性理論で予言された重力波の直接検出を目指す。
GPUGRID アドレス:http://www.gpugrid.net/
GPU利用可能:NVIDIA
生物・医療系プロジェクト。NVIDIA GPU(CUDA)を利用して、生体分子の全原子シミュレーションを行う。
MilkyWay@home アドレス:http://milkyway.cs.rpi.edu/milkyway/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
天文学系プロジェクト。天の川(MilkyWay)の正確な3次元モデルを構築する。
POEM@HOME アドレス:http://boinc.fzk.de/poem/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
生物・医療系プロジェクト。エネルギー法によるタンパク質の最適な折りたたみを研究する。タンパク質の機能不全や凝集により引き起こされる病気の解明、および生体に重要なタンパク質の3次元構造に基づく新薬の開発につながる。
PrimeGrid アドレス:http://www.primegrid.com/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
数学系プロジェクト。様々な形の素数を探索する。素数に関連する教材を提供することにより数学分野へ貢献し、暗号システムの発展・コンピュータセキュリティの向上に役立てられる。
SETI@Home アドレス:http://setiathome.berkeley.edu/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
天文学系プロジェクト。地球外生命体(宇宙人)を探す。
SETI@Home Beta アドレス:http://setiathome.berkeley.edu/beta/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
SETI@Homeのベータ版。