BOINCプロジェクト一覧

プロジェクトが稼働しているかどうかを見たい場合は BOINCstats Project status information
online なら稼働中。一覧にないプロジェクトもあります。

地学系プロジェクト

Asteroids@home アドレス:http://asteroidsathome.net/boinc/
GPU利用可能:NVIDIA
天文学系プロジェクト。小惑星の形や回転に関する研究。
Climate Prediction アドレス:http://www.climateprediction.net/
地学(気候学)系プロジェクト。2100年までの地球の気候を予測し、気候モデルの正確さを調査する。気候の変化は食料生産・水資源・エネルギー需要などに影響するため、非常に重要である。
Constellation アドレス:http://aerospaceresearch.net/constellation/
天文学系プロジェクト。宇宙空間に関するシミュレーション全般。現在は、探査機・人工衛星・発射機の軌道の最適化、月面に近い外気圏でのシミュレーション、惑星探査車の動的システムの分析が行われている。
Cosmology@Home アドレス:http://www.cosmologyathome.org/
天文学系プロジェクト。最も説明が上手くいく宇宙モデルを探索し、利用可能な天文学・素粒子物理学のデータと一致するモデルを発見することが目的である。
MilkyWay@home アドレス:http://milkyway.cs.rpi.edu/milkyway/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
天文学系プロジェクト。天の川(MilkyWay)の正確な3次元モデルを構築する。
Quake Catcher Network アドレス:http://qcn.stanford.edu/sensor/
地学(地震学)系プロジェクト。地震学の研究。他のプロジェクトの処理状態にかかわらず実行できる。参加するには3次元加速度センサーが必要。Apple の Macbook や IBM/Lenovo の Thinkpad などのノートPCに組み込まれている。それ以外の人はデスクトップ用のUSB接続3次元加速度センサーでもよい。wiiのリモコンでも代用可能。
SETI@Home アドレス:http://setiathome.berkeley.edu/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
天文学系プロジェクト。地球外生命体(宇宙人)を探す。
SETI@Home Beta アドレス:http://setiathome.berkeley.edu/beta/
GPU利用可能:NVIDIA,ATI
SETI@Homeのベータ版。
theSkyNet POGS アドレス:http://pogs.theskynet.org/pogs/
天文学系プロジェクト。GALEX, Pan-STARRS1, WISEに関する研究。
Universe@Home test project アドレス:http://universeathometest.info/universe/
Universe@Homeのテストプロジェクト。